小児歯科(床矯正) | 広島県広島市中区の村上歯科医院

  • 082-249-7176
  • 9~13時/14時半~18時半(水,土は13時迄)
    休診:日,祝(祝日週は水曜午後も診察)
  • 予約バナー

小児歯科(床矯正)

床矯正とは

今の子供たちの食生活は加工された柔らかいものが多く、顎の発育が充分にできずに、顎の大きさと歯の大きさのバランスが取れなくなり、歯並びの悪い子供たちが増えています。

そこで悪習癖(歯並びや咬み合わせに悪影響を与える習癖)を改善し、顎を適切な大きさに拡大にするのが床矯正法です。従来の矯正は抜歯をして、顎に合わせて歯並びを改善する治療法ですが床矯正法は健康な歯を抜かずに、歯が並ぶ環境を整える治療法と言えます。

つまり、歯を抜いて強制的に隙間を作るのが「抜歯矯正」、
顎を拡げて隙間を作るのが「床矯正」ということです。

床矯正治療は、基本的に成長期のお子様が対象になります。「小さいころから歯医者さんにかかっているのにどんどん歯並びが悪くなってしまう…」
「矯正の相談をしたけど大人の歯が全部生えるまで待ちましょう」といわれた。
などお母さんやお父さんからよく聞きます。私も今までは矯正治療は大人の歯が生え揃ってからと考えてきました。
しかし、歯並びが悪くなるのがわかっているのに、このまま何もしなくていいのか?
矯正治療ができるようになるまでに悪い歯並びのせいで虫歯をつくってしまうが、このままでいいのか…と疑問に思っていた時に出会ったのが鈴木設也先生の
床矯正研究会でした。 

鈴木先生の矯正治療の考え方は  

1. Biotherapy(生物学的機能療法)を基本として(悪習癖の改善、舌の位置、姿勢、食育、あいうべ体操など
2. メカニカルな(床装置を使った)矯正治療を補助的に使うことです。 

もっとも、装置を使わずにBiotherapyだけで簡単に歯並びが改善できるのは犬歯が生えるまでの小学校低学年です。 正しい顎の成長が正しい顔つき(かっこいい・かわいい)をつくります。 歯並びが悪いままでは、顎骨は正しく成長できません。顎骨が成長しないためさらに歯並びが悪くなってしまいます。正しく噛むことができない子は姿勢も悪く集中力も低下しがちです。大人の歯が生えるまでガタガタの歯並びのまま待つ必要はないのです。難しい歯並びを難しく治すのではなく、難しくならないように早期(10歳までに)に簡単に治療することが床矯正治療の考えです。

■床矯正のメリット

・将来、抜歯を避けれます。
・矯正装置を自分で取り外せるため、虫歯になりにくくなります。
・痛みなどはほぼありません。
・通常の矯正治療より安価です。

■床矯正のデメリット

・取り外し時に装置が破損する可能性があります。
・歯列矯正と比較して完全に歯が並ばないことがあります。
・永久歯が並んでしまうと、治療期間が長くなってしまうことがあります。

■矯正検査料

写真撮影(口腔内、顔貌、全身)、レントゲン撮影、姿勢指導、食事指導 21,500円

■床装置(ネジあり)

(平行拡大、ファンタイプ、前方拡大、後方移動、閉鎖型など) 1装置 60,000円
(同一装置新製更新) 1装置 31,500円

 ■床装置(ネジなし)
(閉鎖型、咬合斜面板、舌癖除去など)1装置 31,500円

 ■ムーシールド 1装置 40,000円

 ■ブラケット治療 60,000円~

ケースにもよりますが、一般的には犬歯が生える前9~10才までに治療を終えた子は1~4個の装置で治療可能です。それ以降で治療が必要な子は4~6個の装置が必要になります。

どんなに装置が多く必要なケースでも費用が80~100万円もかかることはありません。約10万円から治療をスタートできます。

診察一覧

診察時間のご案内

診察時間
9:00~13:00
14:30~18:30 × ×
休診日 水曜午後・日曜日・祝祭日
※祭日のある週は水曜日午後も診療いたします。