予防歯科 | 広島県広島市中区の村上歯科医院

  • 082-249-7176
  • 9~13時/14時半~18時半(水,土は13時迄)
    休診:日,祝(祝日週は水曜午後も診察)
  • 予約バナー

予防歯科

予防歯科とは

虫歯も歯槽膿漏も、虫歯菌、歯周病菌に感染(人から人へうつる疾患)することにより起こる感染症です。

「歯がグラグラする」
「歯茎から出血する」
「歯茎がはれた」
「歯が抜けそう」

このような症状が出てからでは歯槽膿漏の治療は手遅れなのです。歯槽膿漏は痛みも痒みもなく進行しています。歯槽膿漏は重症になるまで症状がありません。初期の治療が大切なのです。

・虫歯になりたくない
・神経を取りたくない
・歯槽膿漏になりたくない
・歯を抜きたくない
・入れ歯はいれたくない
・一生自分の歯で食べたい

上記のような症状を防ぐには定期的に来院していただき予防することが必要なのです。欧米ではこの定期検診は当たり前なこととして実施されています。世界で一番予防が進んでいるスウェーデンでは歯科の定期検診受診率は大人で80%以上、子供では100%近くが定期検診を受けています。

他の先進国でも70%の受診率が当たり前になっています。先進国ではこのように歯科に対する感心が高いのに対し日本では10%以下の定期検診の受診率しかありません。

日本歯科医師会では、8020運動という80歳で20本の歯を残そうという運動をしていますが、達成率は16%でしかありません。

スウェーデンではすでに達成されており、アメリカでも2010年に達成されています。しかし日本では2040年達成予定とかなりおくれを取っています。

近年全身の生活習慣病と歯の関係が明らかになり、歯の重要性がマスコミでも注目されるようになりました。日本でも予防歯科の重要性をもっと普及させる必要があります。どんな素晴らしい治療を受けても予防のため定期検診を行い、二度と歯の病気にかからないように患者様が医療に参加し、学ぶ意志がなければ再発を免れません。

予防歯科の目的は治療した部分の再発、新たな虫歯の早期発見、歯周病の進行、口臭、歯の汚れを防ぐことにあります。患者様自身の歯磨きだけでは、完全に歯の汚れを取り、原因菌を排除することは不可能です。歯科医院での正しい手入れの指導とプロの補助が必要なのです。それがあなたの口腔環境を守り、美しい歯を育てることになります。

最近メタボリックシンドロームという言葉をよく耳にすると思いますが、そうならないために食事制限をする、運動をする、健康にいい食事を摂る、これらはすべてメタボリックシンドロームという悪い状態を作らないための予防と言えます。これと同じことが歯科でも必要なのです。

診察一覧

診察時間のご案内

診察時間
9:00~13:00
14:30~18:30 × ×
休診日 水曜午後・日曜日・祝祭日
※祭日のある週は水曜日午後も診療いたします。